スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一生のうちに 

こんにちは。
今回はいつもよりさらにどうでもいい内容です。
残念です。

一生のうちに一回は言ってみたいセリフ、ってのがあります。
時々頭の中にフッとよぎるんです。
自分にとってなんとなく響きのいい言葉なんでしょう。
決して、ネタ的に冗談めかしてというのではなく、日常生活の中で普通に使ってみたいんです。

「まろは…」
一人称の「まろ」です。
なんだか高貴な、でもなんとなく親しみの湧く印象があります。
おじゃる丸の観すぎじゃないですよ。
むしろあんまり観たことありません。
でも僕は貴族じゃないし、時代錯誤もはなはだしいのできっと口にすることはないんですね。
残念。

「拙者」
これは「まろ」よりありえますね。
いや、気のせいですね。ないですね。
「僕」や「私」じゃない特殊な一人称に憧れでもあるんでしょうか。
「ミー」もいいな。

「ふんぬー」「ぬぉー」
車とかデカイ鉄骨とか持ち上げて、こう叫んでみたいです。
でもそんな物持ち上げなきゃいけない状況って、相当な非常事態ですよね。
大災害とか。
それはヤですね。

「勝手にしろ」
これは投げやりな感じのセリフじゃありませんよ。
無謀にも自分の力量をはるかに超えた大きな挑戦を試みるアイツの姿に、もうそれしかかけてやる言葉はなかった…みたいな、なんかちょっと熱いシチュエーションで。

「てぇへんだ、てぇへんだ」
てぇへん、って響きが好きです。
てぇへん。
でもホントに大変なときに「てぇへんだ」とか言ってたら、場合によっては「なにふざけてんだ」ってシバかれる可能性もあるので言えません。

「幸せな人生だった」
60歳くらいになったらこう言ってたいですね。
そんで悠々自適な老後を…
でも実際そのくらいの歳になったら、まだまだやりたいこといっぱい、って思ってるのかも。

総括:
あまりにもどうでもいい話なので途中で書くのやめようかと思ったが最後まで書けたのでよかった。
「おじゃる丸」を漢字変換したら、最初に「尾JAL丸」って出てきて戸惑った。
スポンサーサイト

[2007/01/12 06:00] ■日記■ | TB(0) | CM(3)

噂の暖冬ウィンター 

昨年の秋、この冬は暖冬になるという新聞の見出しを見かけました。
でも、寒いよ~。
強い寒気団が日本列島を襲っているようです。
鹿児島も暖かい地方とはいえ、やはり寒いです。
手があかぎれしもやけで痛くなってきました。

鹿児島でこんなに寒いってことは、北の方の皆さんは一体どんな生活をしているのでしょう。
熊本や宮崎もかなり寒そうですね。
福岡なんて極寒の地でしょうか。
本州に行ったら鼻水が瞬時に凍ってしまうのでしょうか。
そんなわけありませんね。
ごめんなさい。
でもそんなイメージ。
南国の冬の寒さでノックアウトされそうな僕ですから、北国に住む皆さんは、本当に我慢強いんだろうなあ、とよく思います。

世界に目を向けるともっともっと厳しい寒さの国や地方も、もちろんあるわけですね。
ロシアのベルホヤンスクという都市の年間平均気温は-15.2℃だそうです。
これはもう数字だけでは理解不能です。
鹿児島の12月から2月の平均気温がおおよそ8~10℃。
その時期での最高気温は20℃くらいになります。
もし僕がロシアに引っ越したら、最初に覚える言葉は「寒くて動けません」でしょうか。

北は北極から40℃を越えるという赤道付近、南は南極にまで、人間は根を張っています。
人間の適応力には本当に驚かされます。
せめて鹿児島の冬くらい、何とか「寒い」禁句で乗り越えなければ。

でも春よ、早く来~い!!
[2007/01/10 06:22] ■日記■ | TB(0) | CM(0)

残念、残念 

あらすじ
DVDを借りてきたらケースの中身が違った…!!
-------------------------------------------
借り直してきました。
今度は、途中で止まります。

萎えました。

後日、別の店で借りて再チャレンジ!!
[2007/01/09 01:12] ■日記■ | TB(0) | CM(0)

残念 

さっきマトリックスリローデッドを借りてきてさぁ見ようと思ったら、中身が違った。
「HULK」って書いてある。
借り直しに行ってきます。

あ、そういえば明けましておめでとうございます!!

それじゃあ、借り直しに行ってきます。
[2007/01/08 19:13] ■日記■ | TB(0) | CM(2)

今年、引退 

いよいよ今年も最終日を迎えました。
大晦日とはいえ他の日と同じく365分の1。
あっという間に終わっていくのでしょう。


よくテレビ番組なんかで今年のキーワードとして「引退」があげられています。
日ハムの新庄、サッカーの中田英寿、KAT-TUNの赤西君、ディープインパクト、小泉首相、etc…
今年引退が大きく取りざたされた皆さんに共通するのは、
「余力を残しての引退」
でしょうか。
それぞれに事情はあるのでしょうが、まだまだ今後の活躍を期待していた応援者もたくさんいたことでしょう。
しかし絶頂期での華々しい引退、っていうのはカッコイイなぁ、と感じたりもします。

一方、元巨人の桑田はメジャーリーグのパイレーツに移籍、現役を続行するそうです。
持てる力の最後の一滴を搾り出すまで、現役投手としてがんばっていく姿にも、そこはかとない男らしさを感じます。

とりまとめますと、がんばって結果を出そうとする人、結果を出した人はカッコイイな、と。

来年は僕もさらなる努力の一年にしたいと思うばかりでございます。

よいお年を!!
[2006/12/31 06:49] ■日記■ | TB(0) | CM(2)
☆ペットのはんべえ君です☆
触ってあげると
「究極!」とか「渋滞~!」とか言ってくれるよ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。